公明党トップ / ニュース / p113506

ニュース

2020年7月27日

コラム「北斗七星」

公明党の伝統となっている夏季議員研修会がスタートした。公明議員一人一人が決意を新たにし、感染症対策に細心の注意を払いながら、党勢拡大の大きな推進力となっていく◆昨年の研修会で、山口那津男代表は国政選挙におけるSNSの重要性を語り、全議員に“発信力”の強化を呼び掛けた。以来、公明議員はツイッターやフェイスブックなどへ積極的に投稿。最近では、青年議員が工夫を凝らした動画を作成し有権者に訴えるケースも増え、公明党の話題が毎日、ネット上に目立つ◆ある地方議員は毎朝5時から、公明新聞電子版をチェックし一日のスタートを切る。電子版に掲載された党の動きや政策の解説、地方議会の実績などの記事を、自らのコメントを添えてSNSにシェア。また、自身の街頭演説や議会活動を随時、投稿し、有権者から「いいね!」の共感の輪が広がっている◆コロナ禍の中で、オンラインによる集まりや学びの場が注目され、普及が進んだ。人と直接会う機会が減ったからこそ、ネットによる情報共有が今まで以上に重要だ◆「公明党はコロナ対策でどういう実績を?」「地元議員はどう頑張っているの?」――有権者の疑問に答える議員活動の「見える化」がますます大切に。この1年間、公明議員が磨き抜いた“発信力”をさらに生かす時だ。(和)

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア