公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p11252

ニュース

2018年9月20日

本島北部の医療充実を

さきま候補 基幹病院の整備訴え 
沖縄県知事選、遠山氏が応援

支持者と固い握手を交わし、逆転勝利を誓う、さきま候補=19日 沖縄・名護市

30日(日)投開票の沖縄県知事選で、新人の、さきま淳候補=公明、自民、維新、希望推薦=を支援する“必勝総決起大会”が19日、名護市内で開かれ、公明党の遠山清彦沖縄方面本部長(衆院議員)が応援に駆け付けた。

席上、遠山氏は、事実上の「一騎打ち」となった今回の知事選で、さきま候補が相手の新人候補を猛追している情勢に言及。「今回の選挙は絶対に負けられない。1票1票を積み上げて、さきま候補を断じて勝利させよう」と呼び掛けた。

一方、さきま候補は、沖縄本島北部の振興に全力を挙げると強調した。とりわけ、北部圏域の医療の充実が急務になっている現状に関して、「県民の命は平等であり、私の責任で、地元の負担がない形で基幹病院の整備を絶対に実現させる。全身全霊で取り組む」と強く訴えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア