公明党トップ / ニュース / p111331

ニュース

2020年7月17日

営農継続へ支援急務

JA全中と意見交換 
豪雨災害で党農水部会

豪雨による農業被害や支援策を巡って意見交換した党農水部会=16日 衆院第2議員会館

記録的な豪雨災害を受け、公明党農林水産部会(部会長=谷合正明参院幹事長)は16日、衆院第2議員会館で全国農業協同組合中央会(JA全中)と農水省から被害状況を聞くとともに、必要な支援策を巡って意見交換した。

JA全中の金井健常務理事は、九州や東海地域を中心に田畑の冠水や土砂流入、ハウスの倒壊など深刻な農業被害が発生していると報告。今後、台風などによる二次災害も懸念されることから、「不安の中で復旧に当たっているが、心がなえてしまい、離農を考えている農家もいる」と窮状を吐露し、公費助成など力強い支援を求めた。

谷合部会長らは、「被災された農家の営農継続に向け、しっかり取り組んでいく」と力説。また、農水省に対し、迅速に対策を講じるよう要請した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア