公明党トップ / ニュース / p111001

ニュース

2020年7月16日

コロナ収束へ協力強化

山口代表 仏、インド両大使と懇談

フランスのピック駐日大使(左側中央)と懇談する山口代表=15日 参院議員会館

公明党の山口那津男代表は15日午後、参院議員会館でローラン・ピック駐日フランス大使、衆院第1議員会館でサンジェイ・クマール・ヴァルマ駐日インド大使の表敬を受け、それぞれ懇談した。

フランスのピック大使との懇談では、新型コロナウイルス感染症の水際対策として実施している入国制限に関して意見交換した。

山口代表は、両国間の往来を段階的に再開させていくためにも、「今は感染収束のために協力し合わなければならない。ワクチンや治療薬の開発でも力を合わせることが大切だ」と強調した。

インドのヴァルマ駐日大使(右)と懇談する山口代表=15日 衆院第1議員会館

一方、インドのヴァルマ大使との懇談では、ヴァルマ大使が、6月にインドと中国との国境地帯で起きた両軍の衝突について、「両軍の司令官が会談し、平和的な方法で問題を解決していくことで一致した。現地では事態の沈静化に必要な対策が取られている」と説明。山口代表は、「これまでの努力、信頼関係を基盤にしながら対話で冷静に解決しようとしていることを評価する」と述べた

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア