公明党トップ / ニュース / p110566

ニュース

2020年7月15日

家賃支援給付金

オンライン申請開始 
全国にサポート会場

経済産業省は14日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で収入が減った中小企業や個人事業主の家賃負担などを軽減する「家賃支援給付金」の専用ホームページを開設し、オンライン申請の受け付けを始めた。半年分を一括して振り込み、最大で法人に計600万円、フリーランスを含む個人事業主に計300万円を支給する。

給付対象は、今年5月から12月の間に売り上げが前年同月比で1カ月でも半減するか、連続する3カ月の合計が前年同期比で30%以上、減少していることが条件。申請時の直近1カ月に支払った家賃や、駐車場代など地代の月額賃料に基づいて計算した給付額の6カ月分を支給する。

申請は専用ホームページから行い、賃貸借契約書の写し、直近3カ月分の家賃を支払った実績や売り上げの減少を証明する書類などが必要となる。

オンライン申請が難しい人向けに「申請サポート会場」を全国各地に設置。15日から順次オープンする。同会場でスタッフがオンライン申請に必要な書類確認を含めサポートする。来場するにはオンラインによる事前予約が必要だが、電話による予約も受け付ける。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア