公明党トップ / ニュース / p109522

ニュース

2020年7月11日

原因究明を早急に

足場崩落の工事現場を視察
大阪・柏原市で石川氏ら

荒川の治水対策について説明を受ける太田議長(右端)と岡本氏(右から3人目)ら=10日 東京・北区

公明党の石川博崇参院議員は10日、大阪府柏原市を訪れ、市役所新庁舎の建設工事現場の足場が崩れ落ちた現地を視察。冨宅正浩市長らから説明を受けた。地元市議が同行した。

8日午前5時ごろ、高さ約20メートル、幅約70メートルの足場が崩落。隣接するJR大和路線の線路をふさいだ。その影響で運転は終日見合わせたが翌日には運行再開に。同市に近い八尾空港では同日午前4時59分に約24メートルの最大瞬間風速が観測されており、崩落の原因は強風とみられている。冨宅市長らは「原因究明をしっかり行っていく」と話した。

石川氏は迅速な復旧に当たった関係者に感謝を述べるとともに「日頃からの防災への意識を高めていきたい」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア