公明党トップ / ニュース / p109271

ニュース

2020年7月10日

安保対話 日本の主導で

防衛に外交努力も重要 
秋野氏

秋野氏=9日 参院外防委

9日の参院外交防衛委員会で公明党の秋野公造氏は、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」配備計画の断念を受け、それに代わる新たなミサイル防衛体制に関して政府の見解を聞いた。

河野太郎防衛相は、配備計画の断念で「防衛体制に空白ができるわけではない」との認識を表明。その上で、弾道ミサイル防衛について「新しいミサイル技術の脅威も現実になっているので、しっかり政府内で検討していきたい。公明党はじめ与党の議論を受け止めていく」と述べた。

また秋野氏は、南西諸島を含む防衛に外交的な取り組みも必要だとして、「緊張を和らげる安全保障対話の枠組みを、日本が主導してつくり上げていくことが重要だ」と指摘。これに対し鈴木馨祐外務副大臣は、安全保障対話の重層的な整備を進めていく考えを示した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア