公明党トップ / ニュース / p109042

ニュース

2020年7月9日

自衛隊増員、対応急げ

安保委で浜地氏

浜地氏=8日 衆院安保委

8日の衆院安全保障委員会で公明党の浜地雅一氏は、九州の豪雨被害に対応する自衛隊の災害派遣について「コロナ禍で環境の悪い中、避難を強いられている人もいる。今後も増員を果たし、迅速に対応してもらいたい」と訴えた。

河野太郎防衛相は、大雨・洪水で孤立した地域が非常に多いことなどから、自衛隊を2万人態勢に拡大したと述べ、「必要ならさらに増員できるように備えていく」との考えを示した。

一方、政府が陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画を事実上断念したことに対し、浜地氏は「まずは今回の経緯について詳しい検証を求める。その結果報告が代替案の議論のスタートだ」と指摘した。

河野防衛相は「過ちを繰り返さないためにも、プロセスの確認が大切だ。しっかりやっていく」と強調。代替策の検討は「与党としっかり意見交換しながら議論していきたい」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア