公明党トップ / ニュース / p108237

ニュース

2020年7月4日

PCR検査の徹底必要

高木(美)、竹谷氏が新宿・歌舞伎町で窮状聴く

片桐理事長から窮状を聴く高木(美)、竹谷両氏ら=3日 東京・新宿区片桐理事長(右から2人目)から窮状を聴く高木(美)(左から2人目)、竹谷(左隣)両氏ら=3日 東京・新宿区

東京都内で新型コロナウイルスの感染が拡大している実態を踏まえ、公明党都本部の高木美智代代表代行(衆院議員)、竹谷とし子副代表(参院議員)は3日夕、新宿区で歌舞伎町商店街振興組合の片桐基次理事長らから窮状を聴いた。古城将夫都議、野元明俊区議が同行した。

片桐理事長らは、感染対策として「飲食店に対し、マスクや消毒液を配布し、感染対策を講じていることを示すポスターの掲示も促している」と力説。一方、“夜の街”での感染が拡大しているとの報道で「客足が戻らず、飲食店の売り上げは大きく落ち込んだままで大変苦しい」と訴えた。

今後の対策としては、従業員らを対象とした徹底的なPCR検査の実施などが必要だと語った。

高木氏は、「しっかりと支援策を講じ、風評被害の払拭に向けて取り組みたい」と応じた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア