公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p10748

ニュース

2018年9月14日

「予算組み替え提案で実現したものはない」

共産党ポスターの内容を区長が否定 
東京・北区

「予算組み替え提案により実現したものはない」。10日に開かれた東京都北区議会の定例会本会議で、花川與惣太区長は、共産党のポスターの内容が“真っ赤なウソ”であることを明らかにした。

問題となったのは、区内に貼り出されている共産党北区議団のポスターだ。「4回の予算組み替え提案で実現した」として、入学準備金前倒し支給と、認可保育園の増設、子ども食堂への支援、感震ブレーカー設置助成の四つの事業が共産党の実績であるかのように喧伝している。

区議会で代表質問に立った公明党区議団(大島実団長)の坂口勝也議員は「そもそも4回の予算組み替え提案は全て否決されており、(共産党は)各事業の当初予算にも反対しているのが事実」と強調。花川区長にポスターに対する認識を確認し、内容を否定する答弁を得た。

くだんのポスターには、「区民の暮らしのため」とも書かれている。しかし、“自分たちのため”に実績ねつ造や横取りをする卑劣な実態が改めて浮き彫りになった。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア