公明党トップ / ニュース / p107451

ニュース

2020年6月29日

利用客増へ支援早く

滋賀のホテルで調査 
熊野氏

レストランのシェフから話を聴く熊野氏(右から2人目)ら=28日 滋賀・近江八幡市

公明党の熊野正士参院議員は28日、滋賀県近江八幡市のシティーホテルを訪れ、ホテル内のレストランで働くシェフから、コロナ禍による窮状を聴いた。地元市議が同行した。

洋食を担当している調理長は、宿泊、レストランともに営業再開していることに触れ、「利用客は、少しずつ増えてきているものの、コロナ禍以前の半分にも満たない上、宴会ができず苦しい状況が続いている」と実情を報告。

また、国土交通省の観光キャンペーンについて「5月の大型連休が外出自粛要請により、旅行による利用者が激減したので、早く実現してほしい」と述べた。

熊野氏は「利用客を呼び戻せるよう、観光キャンペーンの早期実施を支援していく」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア