公明党トップ / ニュース / p107386

ニュース

2020年6月29日

新型コロナ そこが知りたい!

事業者への支援策は 
専門家が無料相談 
債務保証や特別貸付など 
電話やオンラインで

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた事業者向けの支援策について専門家からアドバイスを受けたい――。そんな経営者のために、中小企業庁では、中小企業診断士による無料の電話経営相談窓口(050-5371-9453)を今月開設し、土日祝日を含む、毎日午前9時から午後5時まで受け付けています。

相談内容は、▽借入債務を保証する「セーフティネット保証」や「危機関連保証」▽政府系金融機関による実質無利子・無担保融資など特別貸付▽設備投資などに活用できる「ものづくり補助金」など各種補助金▽中小企業などに最大200万円などを手当てする「持続化給付金」――の新型コロナの支援策に関するもの。相談時間は50分で、原則延長はできませんが、何度でも相談可能です。経営者からは「具体的できめ細かなアドバイスをしてくれて助かる」との声が寄せられるなど好評です。

このほか同庁では、現在実施中のオンライン会議システム「Zoom」などを使って、企業経営や中小企業施策の専門家が応対する「オンライン経営相談窓口」の相談体制を今月27日から拡大。平日だけでなく土日祝日も受け付けています。

事前にインターネットでの申請が必要。雇用やテレワーク導入支援といった経営環境の整備に関することも相談できます。

同庁の担当者は「困り事があれば遠慮なく相談してほしい」と呼び掛けています。

オンライン経営相談窓口はこちらから

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア