公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p10731

ニュース

2018年9月14日

核なき世界 実現めざす

南アフリカ大使と一致 
山口代表

ロモ大使(中央右)の表敬を受ける山口代表(同左)と三浦氏(左端)=13日 衆院第1議員会館

公明党の山口那津男代表は13日、衆院第1議員会館でトゥラニ・ロモ駐日南アフリカ大使の表敬を受け、和やかに懇談した。三浦信祐国際局次長(参院議員)が同席した。

席上、ロモ大使は、今年が同国の故ネルソン・マンデラ大統領の生誕100周年に当たることに触れ、「その意志を継ぎ、平和な世界の実現をめざしたい」と強調。同国は1990年代に自ら核兵器を放棄したことで経済発展に注力できたとし、「(核兵器を保有する)他の国の参考になると思う」と指摘した。

これに対して山口代表は、「核なき世界へ共に力を合わせたい」と語った。

山口代表とロモ大使は、来年に日本で開催される第7回アフリカ開発会議(TICAD7)や、ラグビーワールドカップ(W杯)に向けて一層協力を深めていくことでも一致した。

パナマ大使とも懇談

ディアス大使(左側中央)と懇談する山口代表=13日 参院議員会館

また、山口代表は同日、参院議員会館でリッテル・ディアス駐日パナマ大使と懇談。山口代表は「両国の経済協力、関係強化を推進していきたい」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア