公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p10699

ニュース

2018年9月14日

さきま候補 必勝へ出陣

沖縄県知事選スタート 30日投票 
斉藤氏ら訴え “一騎打ち”制する拡大を

出陣式で、さきま候補(右)の必勝を訴える斉藤選対委員長=13日 那覇市

13日告示の沖縄県知事選に新人で前宜野湾市長の、さきま淳候補(54)=公明、自民、維新、希望推薦=が出馬し、30日(日)の投票日へ、こん身の訴えを開始した。今回の知事選には4人が立候補。事実上、さきま候補と、立憲民主、共産、社民の各党などが支援する前衆院議員の新人候補との“一騎打ち”となり、壮絶な競り合いは必至。

那覇市内で開かれた、さきま候補の出陣式には、公明党の斉藤鉄夫選挙対策委員長、党県本部の金城勉代表(県議)が参加し、絶大な支援を訴えた。

斉藤選対委員長は「県民の暮らしの向上や沖縄の経済発展、米軍基地の実質的な負担軽減ができるのは、さきま候補しかいない。公明党は全力で戦う」と必勝を呼び掛けた。

金城県代表は「2022年以降の新たな沖縄振興計画の策定に向け、国と協議をして沖縄の主張を盛り込むことができる、さきま候補を知事にしなければいけない」と訴えた。

マイクを握った、さきま候補は「沖縄らしい『和』をもって、ダイナミックに、グローバルに沖縄を前に進めたい」と決意を表明。その上で「全国最下位の県民所得を引き上げて、子どもの貧困を撲滅させるとともに、子どもの給食費や保育料、医療費の無償化をめざし、“子育て・教育王国おきなわ”をつくっていく」と力説した。

さらに米軍普天間飛行場を抱える宜野湾市の市長を務めてきた経験を踏まえ、「普天間飛行場の返還を実現できるのは私しかいない。日米地位協定も絶対に改定させる」と力の限り訴えた。

公明党の山口那津男代表は13日午前、東京都新宿区の党本部で記者会見し、同日告示の沖縄県知事選に立候補した、さきま淳候補について、「明るく、行動力のある人だ。宜野湾市長としてインパクトのある政策実現を果たした実現力がある。自民党などと力を合わせ、勝利へ全力を挙げていく」と強調。さきま候補の勝利に向けては、「県全体では知名度が十分ではない。広く県民の支持が得られるように取り組んでいきたい」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア