公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p10696

ニュース

2018年9月14日

地震の土砂崩れ現場へ

北海道厚真町で石井国交相 二次災害防止に万全期す

宮坂町長から被害状況を聞く石井国交相(右)=13日 北海道厚真町

石井啓一国土交通相(公明党)は13日、北海道厚真町で被害状況を調査するとともに、復旧に向けた取り組みについて被災自治体の関係者と意見を交わした。

石井国交相は、崩れた土砂が家屋を押しつぶし4人が犠牲になった同町富里の現場を調査。宮坂尚市朗町長から、崩落した山腹の地層状況や救助活動などについて説明を受けた。

石井国交相は、宮坂町長ら被災自治体の首長らとも意見交換。宮坂町長は、国による支援に謝意を示した上で、災害対応の自治体職員が不足している現状を指摘し「技術職員のさらなる増援を」と要望した。

また石井国交相は、被災地の安全対策強化に向け、土砂災害の専門家らを派遣し警戒避難や復旧対応について助言を行う体制強化に言及し、「被災地の二次災害防止へ万全の対策を講じていく」と語った。

これに先立ち、石井国交相は札幌市清田区里塚で家屋が傾くなど地盤が液状化したとみられる現場を視察し、高橋はるみ知事らから被害状況の説明を受けた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア