公明党トップ / ニュース / p106839

ニュース

2020年6月24日

「慰霊の日」恒久平和誓う

遠山氏らが献花

「平和の礎」に献花する遠山氏(中央)ら=23日 沖縄・糸満市

沖縄は23日、沖縄戦の組織的戦闘の終結から75年となる「慰霊の日」を迎えた。糸満市摩文仁の平和祈念公園では、県主催の「沖縄全戦没者追悼式」が開かれた。式典は新型コロナウイルス感染症対策として、例年の5000人規模から大幅に縮小し、161人(主催者発表)が参加した。

追悼式に先立ち、公明党の遠山清彦沖縄方面本部長(衆院議員)は党県本部(代表=金城勉県議)の代表メンバーと共に、同公園内にある戦没者名を刻んだ「平和の礎」に献花。犠牲者の冥福を祈り、恒久平和を固く誓った。

追悼式で安倍晋三首相はビデオ映像であいさつし、沖縄に基地負担が集中する現状について「到底是認できるものではない。引き続き基地負担軽減に全力を尽くしていく」と述べた。広島、長崎の両市長と、国連の中満泉事務次長(軍縮担当上級代表)もビデオ映像でメッセージを寄せた。

平和の礎には今年、30人が新たに追加され、重複していた3人を削除し、総数は24万1593人となった。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア