公明党トップ / ニュース / p106741

ニュース

2020年6月23日

若者の声 政策に反映へ

福島でユーストーク 
三浦党青年局長

オンラインでのユーストークに参加する三浦党青年局長(画面)らと真山県青年局長

公明党の三浦信祐青年局長(参院議員)はこのほど、党福島県本部青年局(局長=真山祐一県議)が開催したオンラインでの「ユーストークミーティング」に出席し、県内在住の男女青年党員から、新型コロナウイルス禍による仕事への影響などについて聴いた。

病院勤務の男性は「コロナ対応を優先し、一般患者の受け入れや予定手術を制限したので病院の収入が減った。スタッフの賞与に影響が出た場合、対応してほしい」と要請。宿泊業の男性は「3密回避対策として、職場のIT化を支援してもらいたい」と求めた。

三浦局長は「政策に反映していきたい」と応じ、真山県局長は「オンラインでも現場の声をしっかり聴いていく」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア