公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p10571

ニュース

2018年9月13日

なりわい、生活再建めざす

北海道地震から1週間 
公明 発災以来、復旧支援に奔走

北海道胆振地方を震源とする最大震度7の地震は、13日で発生から1週間。停電や交通インフラは復旧が進む一方、なお1592人(12日午後6時現在)が避難所生活を送る。寒さが日増しに強まる中、震源に近い厚真町などは、今も一部で停電や断水が続いている。地震は6日午前3時7分に発生した。道によると、これまでに確認された死者は厚真町36人のほか、札幌市1人、苫小牧市2人などで計41人。大半は土砂の生き埋めや、倒壊した家屋の下敷きになるなどした窒息死だった。家屋の全半壊は計228軒以上に上り、安平町、むかわ町、日高町は今も避難指示が出ている。公明党の各議員は発災直後から被災地に入り、12日も稲津久衆院議員(道代表)が日高町、佐藤英道衆院議員が厚真町などで被災者から、なりわいや生活再建への課題を聞いた。

北海道地震の主な被害
      死者 41人
     負傷者 681人
     避難者 1592人
建物被害  全壊 109軒以上
      半壊 119軒
※12日現在、北海道の発表

断水解消 速やかに 日高町で稲津氏

被災住民を見舞う稲津氏(右から2人目)ら=12日 北海道日高町

稲津道代表は、北海道胆振東部地震で被害を受けた日高町で被災者を見舞い、生活再建に向けた要望を聞いた。地元町議らが同行した。

震度6弱を観測した同町では、土砂災害の危険から119人に避難指示が出されているほか、富川西地区の925世帯では断水が続いている。

同地区でペットフード加工場を営む佐々木貴和子さんは、「断水の影響で、作業だけでなく洗濯やお風呂など、普段の生活にも影響が出ている。一日も早く解消してほしい」と切望した。

稲津氏は、「生活の再建に向け、きめ細かい支援策を講じていきたい」と語った。

農業施設、損壊激しく 厚真町で佐藤(英)氏

荷崩れを起こした集荷貯蔵施設の被害状況について話を聞く佐藤(英)氏(左から2人目)ら=12日 北海道厚真町

党農林水産部会長の佐藤氏は12日、厚真町にある「とまこまい広域農業協同組合」を訪れ、農業被害の現状について関係者から話を聞いた。安藤邦夫道議らが同行した。

応対した秋永徹代表理事組合長は、農地の水路や農道などのインフラをはじめ、酪農や畜産農家の牛舎などが激しく損壊した状況を指摘。「復旧費用のことを考えると、今後の営農を断念する人たちが増える可能性が高い」と窮状を訴えた。

この後、一行は、保存していたジャガイモが荷崩れを起こし、出荷作業に支障を来している集荷貯蔵施設などを視察。佐藤氏は、「収穫の秋は、これからが本番。地域を支える農業の復旧に全力を挙げる」と語った。

また一行は、むかわ町の「鵡川農業協同組合」(長門宏市代表理事組合長)でも被害状況を調査した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア