公明党トップ / ニュース / p105248

ニュース

2020年6月13日

養育費不払いで地方の対応聞く

党プロジェクトチーム

公明党の「不払い養育費問題対策プロジェクトチーム」(座長=大口善徳衆院議員)は12日、衆院第2議員会館で、養育費不払い問題に関して裁判外紛争解決手続き(ADR)を活用する東京都港区の取り組みを聞いた。

同区子ども家庭課の野上宏課長は、母子家庭の半数以上が養育費の取り決めをせず離婚していることを指摘。元夫婦双方の話し合いが可能な状況であれば養育費の取り決めなどに向け「ADRの活用が可能と考えた」として、今年度からADRにかかる費用を助成していることを説明した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア