公明党トップ / ニュース / p104261

ニュース

2020年6月7日

コロナ禍 影響深刻な現場へ

奔走する公明議員 手記

公明党は連日、新型コロナウイルスの感染拡大で深刻な影響を受けている現場の調査に奔走しています。北海道の中野渡志穂道議、東京都の高倉良生都議、大阪市の西﨑照明市議、福岡県朝倉市の徳永秀俊市議の手記を紹介します。

中野渡志穂・北海道議
子育て 「子も親も守る」対応迅速に

保育現場の現状について話を聞く中野渡道議(左)=4日 札幌市

北海道は2月末に独自の緊急事態を宣言。以来、全道の小、中、高校が休校したのをはじめ、幼稚園、保育園も休園や登園自粛を呼び掛けられました。

働いている保護者からは、「急なことで仕事が休めない。どうしたらいいのか」との相談が数多く寄せられました。こうした実情をいち早く議会で取り上げ、対応策を提言。道としても経済団体に対し、休暇を取りやすくするよう配慮を求める要請をしました。

4日には、札幌市北区にある一般社団法人美友希保育園を訪れ、中山美友希理事と懇談。保育現場への支援策として、マスクや消毒液の購入費用が国から100万円まで補助されることなどを伝えました。中山理事からは、「保護者が感染した際、幼児を保育する専門託児所が必要」との要望を受けました。

道内では、全国と比べても長期間にわたる休校が続き、不登校者の増加や学力の低下が不安視されています。「子も親も守る」との信念で小さな声を聴き、迅速に対応していきます。

高倉良生・東京都議
医療体制 「専用病院」の予算化を推進

感染第2、3波への備えについて医療従事者と意見交換する高倉都議(右)=5月31日 東京・中野区

東京都では一時、新型コロナの感染者数が3桁に上るなど深刻な事態に直面しました。「都民の命を守るため、医療崩壊は断じて回避する」と決意し、患者の受け入れ体制の整備を強力に進めています。

4月には台東、中野両区の病院で大規模な院内感染が発生。都や区の関係者から状況を把握し、専門医療チームの派遣や保健所の体制強化、病院周辺の店舗などで発生した風評被害の払拭などを都に要請しました。

感染者の症状は無症状から重症までさまざま。医療機関ごとの役割分担の明確化や、重症化阻止に向け中等症の人を中心に治療する「新型コロナ専用病院」の必要性を痛感しました。都議会公明党として約20回に及ぶ知事への直接要望を重ね、専用病院の整備については、都の今年度補正予算案に調査費を盛り込むことができました。

「都民に少しでも安心を届けたい」。感染第2、3波が想定される中、医療体制構築や都民への情報提供に一層の工夫と丁寧さを求めていきます。早期終息へ全力を尽くします。

西﨑照明・大阪市議
景気・経済 事業継続へ支援策実現急ぐ

椙村理事長から実情を聞く西﨑市議(左)=1日 大阪市

大阪市旭区には大阪三大商店街の一つと言われる千林商店街があります。商店街が誕生して今年で110年。伝統と活気ある商店街ですが、新型コロナの影響で買い物客が減少し、打撃を受けています。

千林商店街振興組合の椙村範子理事長によると、休業した店は全体の約3割。その他の店は、組合から支給されたアルコール消毒液を店頭に置くなどして営業を継続していますが、客足は遠のいたまま。椙村理事長のブティックもイベント中止などで、よそ行きの服を買う客が減り、4月の売り上げは6割減に。事業継続のための支援は現場の切なる声でした。

こうした現場の声を国会議員に届けるとともに、持続化給付金などの支援策が打ち出されると、すぐに書類を持って椙村理事長をはじめ他の商店街の役員らにも情報を提供。各役員らは、その書類を各店舗に回覧してくれました。

今後も党ネットワークを生かし、現場の声を政策に反映できるよう全力を尽くします。

徳永秀俊 福岡・朝倉市議
防災・減災 避難所の3密防ぐ対策強化

避難所を視察して3密を避ける方法を確認する徳永市議(右)=2日 福岡・朝倉市

2017年の九州北部豪雨からもうすぐ3年。河川の氾濫や土砂崩れで甚大な被害が発生した被災地では、今なお災害の深い爪痕が残っています。

豪雨災害を機に、福岡県朝倉市は災害に強いまちづくりに力を入れてきました。コロナ禍の現在は、梅雨入り前に避難所の密閉、密集、密接の「3密」を回避する対策を講じることが大切です。万が一の事態を想定し、私は避難所の感染対策の状況を市に確認。市は、常時受け入れ可能な避難所の増設や、消毒液など感染対策に必要な物資の調達、避難所に配置するスタッフ数の増員、保健師が巡回できる体制の構築などを進めています。

昨年4月に当選して以降、住民が避難生活を強いられることが何度もあり、実際に被災者の元に足を運び、現場の声に耳を傾けてきました。毎回の定例議会では、こうした声を基に質問を行い、防災士の資格取得の推進や被災者の心のケアなどを訴えてきました。

今後も、被災地の復興と市民の命を守る政治に全力を注ぎます。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア