公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p10420

ニュース

2018年9月11日

地域の防災対策を推進

兵庫・尼崎市で古屋副代表 中野、高橋両氏が決意

あいさつに立つ古屋副代表(中)と、高橋(左)、中野の両氏=10日 兵庫・尼崎市

公明党の古屋範子副代表は10日、兵庫県尼崎市で開かれた中野洋昌衆院議員の「新しいチカラのつどい」に出席し、あいさつした。赤羽一嘉、浜村進の両衆院議員、高橋みつお国際局次長(参院選予定候補=兵庫選挙区)らも参加した。

古屋副代表は台風被害に関連し、地域の防災計画見直しの必要性を強調。「防災・減災対策を党の重要政策の柱として取り組んでいく」と述べた。

高橋氏は「兵庫の今日と明日をつなぐ橋渡し役になりたい」と決意。中野氏は「新しい尼崎、新しい日本をつくる」と力説した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア