公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p10226

ニュース

2018年9月9日

コラム「座標軸」

きょう9月9日は「重陽の節句」。江戸時代に定められた五節句の一つで、1月7日(七草)、3月3日(ひな祭り)、5月5日(端午の節句)、7月7日(七夕)と続く最後を締めくくり、昔は最も重要視された▼菊の花を愛で、その花びらを浮かべた菊酒などで長寿を祝うことから「菊の節句」とも呼ばれた。平安の昔に中国から伝わった習わしで、同国は旧暦9月9日を「高齢者の日」と定める。日本の「敬老の日」は17日。高齢者を敬い長寿を願う▼きょうは「救急の日」でもある。救急車の出動件数は昨年まで8年連続で過去最多を更新。「異常気象で記録的な夏」(気象庁)となった今年も大幅増が見込まれる。さらに高齢化が進む中、本当に必要な急患に救急車を手配できるか心配する向きもある▼救急車を呼ぶか迷った際は短縮ダイヤル「♯7119」の利用を。24時間体制で医師や看護師が判断し手配してくれる。東京都でスタートし他の自治体にも広がっている▼どこの地域でも利用可能なのが総務省消防庁のHPから無料ダウンロードできる全国版救急受診アプリ「Q助」。症状などを選択していくと緊急度に応じた対応が表示される。一人一人の取り組みで高齢者が安心できる社会を構築したい。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア