公明党トップ / ニュース / p101681

ニュース

2020年5月28日

ワクチンを途上国に

Gaviへの財政支援要望 
外務副大臣へ古屋副代表ら

鈴木副大臣(中央)に外相宛ての要望書を手渡す竹内部会長(右から2人目)ら=27日 外務省

公明党の古屋範子副代表と外交部会(部会長=竹内譲衆院議員)は27日、外務省で鈴木馨祐副大臣と会い、発展途上国の子どもへの予防接種を推進する国際団体「Gaviワクチンアライアンス」に対する日本からの拠出金の確保を求める申し入れを行った。谷合正明国際委員長(参院幹事長)も同席した。

席上、古屋副代表らは、2021年から5年間にわたり、ワクチンの導入や規模拡大、被支援国の保健体制の強化などに取り組むGaviの方針を踏まえ、このプログラムを着実に実行して、子どもたちの命を守る活動に日本が貢献していくため「必要となる予算の確保をお願いしたい」と強調した。また、ワクチンの開発・供給における日本企業の参画の機会確保に努めるよう要望した。

これに対し、鈴木副大臣は「きちんとした出資をしていかなければいけない」と応じた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア