公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p10078

ニュース

2018年9月7日

一日も早い復興めざす

岡山・倉敷、総社両市を調査 
かわの、山本の両氏ら参院災害特委

末政川の堤防決壊現場で説明を受ける(右から)かわの委員長、山本氏=6日 岡山・倉敷市

参院災害対策特別委員会(かわの義博委員長=公明党)は6日、7月の西日本豪雨で甚大な被害を受けた岡山県倉敷、総社の両市を訪れ、被災状況を調査した。かわの委員長のほか、公明党から山本ひろし参院議員が参加した。

一行は、豪雨で浸水し爆発事故を起こした総社市内のアルミ工場を視察した。

続いて、末政川の堤防決壊現場を調査。末政川は急激な水位の上昇によって、小田川との合流地点から約700メートルの地点で堤防の両岸が決壊した。現在、堤防はコンクリート製のシートなどで応急仮復旧工事が施されている。

また、避難所として利用されている老人ホーム「倉敷市まきび荘」では伊東香織・倉敷市長から被害状況を聴取。施設が浸水した県立倉敷まきび支援学校も視察した。

山本氏は「西日本豪雨は2カ月が経過し被災者のニーズや地域の課題も変わってきている。状況に応じた支援を進め、一日も早い生活再建に全力を挙げる」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア