公明党公明党

公明党トップ / ニュース / 11854

ニュース

2018年9月27日

五輪へ技術革新後押し

平木政務官 企業合同展示会を視察

鮮明な映像を見ることができるアイウェアについて説明を受ける平木政務官(右)=26日 都内

平木だいさく経済産業大臣政務官(公明党)は26日、都内で開かれた企業合同技術展示会を訪れ、2020年の東京五輪・パラリンピックを見据えた最先端技術の取り組みを視察した。

同展示会は、経産省とオリンピック・パラリンピック等経済界協議会が共催。誰もが快適に過ごせる環境づくりをめざし、計54社が「入国」や「競技観戦」などのコーナーで最先端技術を紹介している。

このうち、「競技観戦」のコーナーでは、弱視の人でも鮮明な映像を見ることができるよう開発を進めている「網膜走査型レーザアイウェア」のブースを平木政務官は訪問した。担当者は、アイウェアは映像を網膜に投影させるので、「角膜や水晶体の状態に左右されない」と利点を説明した。平木政務官は「バリアフリーな社会へ、技術革新を後押ししたい」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア