米子市議会議員 矢田貝かおり yatagai kaori

     人と人 心と心 を つなげたい

鳥大病院と米子市の未来

未分類 / 2022年1月16日

image0_2.png

「大山悟道場」と「鳥大病院と米子の未来を考える会」で、原田省病院長の講演を拝聴しました。
演題は『地域と共につくるトップブランド病院』(1/15 米子市文化ホール)

全国の大学病院の中にあって、鳥取大学医学部付属病院の全国先駆けの取り組みの数々に心からの感謝、地元の誇りであると心から実感しました。
私は、鳥大病院には長男の出産などで大変お世話になりましたが、原田病院長の講演を聴きながら、どこか申し訳ない気持ち致しました。
医大が米子市とともに地域の発展を目指そうとの思いと、私たち市民の思いはまだまだ一致していない。市議会議員として、視点が弱いことを実感したからです。
そしてまた、看護師有資格者として、使命があるのではないかとも強く意識致しました。

寅年の本年は、何より勢いの良い年とのこと。多くの皆さまのお支えに感謝しながら、前向きに自分らしく精進して参ります。

あいサポ フォーラム22

未分類 / 2022年1月10日

image1_2.jpeg

1月9日米子コンベンションセンターで開催された『あいサポートとっとりフォーラム22』に参加させていただきました。 昨年に続き、新型コロナ感染症対応の会場とWEBとのハイブリッド会議。全国からのご参加いただいたことと思います。
開催地である伊木隆司米子市長は会場で「米子の未来~地域共生社会の実現のために」の年頭所感を。また、厚労省の吉田事務次官や鳥取県平井知事のリモート参加に、この『あいサポとっとりフォーラム」が、例年の地域福祉や障害者支援を考える場として位置づけられていることを実感しました。
コロナ禍での対策を講じての開催は例年以上に大変だったと思います。ご関係の皆さまに感謝申し上げます。

公明党からは、山本ひろし参議院議員が出席。前・厚労副大臣としてコロナ対策や法改正や立案など、山本議員の人がらが伝わる丁寧なお話も聞くことができました。
また、夕方には、山本議員と地域福祉の実績者の方々との意見交換の場にも同席させていただきました。

「地域包括ケア構築は、コミュニティづくり」との吉田次官のお話しに、勇気をいただきました。
高齢・障害・子ども子育て・地域で、日常生活をご支援くださる皆さまが、具体的に意見交換し、知恵を出し合い、米子市の支え合いについて形にしたい。米子市版の地域包括ケアシステム構築に、役立ちたいと強く思う一日でした。
ヤングケアラー支援が、支援の横の繋がりをつくるカギになるとも感じました。

マスクは正しく着けマスク〜

未分類 / 2022年1月8日

image0_2.jpeg
image1.jpeg

https://www.pref.tottori.lg.jp/secure/1270451/220106kaigisiryou_tokusohouhonbu-115_covid-19.pdf鳥取県新型コロナウイルス感染症対策本部(第115回) 2022.1.6.の資料

今日の大山(だいせん)は綺麗でした。『伯耆富士だいせん』と呼ばれるのも納得です。
私もアクティブな一日を過ごしました。午後、車を本屋の駐車場に停め撮った写真にサイクリストも写りました。皆さまどのような一日を過ごされましたか?

昨日、国会の議院運営委員会(衆議院)のテレビ中継で公明党の濱地雅一議員が新規感染状況の発表のあり方について質問しました。
感染数だけの速報から、第5波とは違う(ワクチン接種が進み中和抗体薬もある)状況下、新たな分類や医療逼迫体制に充点をおいた施策に変わっている中、国民の不安を少なくする正しい情報を伝える必要性を質問。山際経済再生担当大臣も全くその通りと更なる工夫をしたいと答弁。
各党の議員が短時間で様々な質問をしていましたが、国民目線で大切な意見だと思います。

全国では、低気温と降雪による被害や、爆発的なコロナ感染者数は心配するところですが、一喜一憂することなく、感染予防策を変わらず実施し続けます。今、私にできることを頑張ります。

2022年も宜しくお願い致します

未分類 / 2022年1月4日

image0.jpeg

あけましておめでとうございます。

今日は、年が明けてから初めて
米子市公明党議員団4人が揃いましたので、本会議場で決意を込めて写真を撮りました。(写真右下)
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

午前は米子市議会互礼会に続き、公明党米子総支部の議員10人が3ケ所に分かれて街頭演説。(写真右上・左下)
午後は米子市の新年の集いに出席。写真左上は伊木隆司米子市長です。
米子市の新年の集いでは、元旦にNHKで放送された日本最強の城スペシャルで米子城が絶景が美しい最強の城に選ばれたことや昨年のオリンピックでの地元米子の選手の活躍の話題や、米子駅南北自由通路やウォーカブル推進、皆生温泉エリアの街づくりなど、米子市の発展に参加者が思いを一段強くつなぐことができたと感じました。
令和4年度は、住んで楽しいまち米子(第2章)を目指す伊木市長を中心に、誰一人として置き去りにしない重層的相談支援体制が具体的になっていきます。
(第一号として、ふれあいの里包括支援センターエリアで総合相談支援センターが開設。相談支援体制の構築に人材育成と地域連携も急がれます)
今後も、当局としっかり連携して参ります。

今日一日、礼会の合間には、市民相談の対応や、2月6日投開票の境港市議選の諸準備などなど、2022年の初日もあっという間でした。 (;”∀”)

本年も、
機を捉えたコロナ関連情報や、自身の活動も発信させていただきます。
引き続きのご指導を賜りますようお願い申し上げます。

年内に少しでも前進

未分類 / 2021年12月28日

image0_2.jpeg
image2_2.jpeg

相談対応している案件の一つについて、年内に少しでも不安軽減をと対応に動いています。
急きょの約束までに時間が空いたので遅めのランチ。
ふれあいの里の1階の“われもこう”さんでトーストを焼いていただいています。
コーヒーがと〜っても美味しいです♪☕️

ワクチン接種証明アプリ

未分類 / 2021年12月20日

image2.jpeg
image3.jpeg

今日から始まったデジタル庁からの接種証明アプリ。スマホ操作に不安な私でもできました。

デジタル庁からアプリをダウンロードして、自分のスマホをマイナンバーカードにかざすだけで、証明書がすぐ取得でき(表示され)ました。

 来年1月3日に行われる米子市成人式では、
◆ワクチン(2回)接種証明 か、
◆PCR検査陰性証明(12/20以降に検査の証明)
の提示を求められます。

 成人式だけでなく、接種証明を利用する場面が多くなると思います。
 スマホご利用者で
ワクチン接種(2回)済み、
マイナンバーカードをお持ちの方、
チャレンジされてみてはいかがでしょうか。
(^○^)

もちつき

未分類 / 2021年12月19日

image0_2.png

米子市児童文化センター主催の行事『みんなでもちつきをしよう』が、12月19日(日)に行われました。
 何かお手伝いできればと、エプロンと三角巾を持参した私は、今年は受付係をさせていただきました。

去年は新型コロナの影響で中止となった恒例行事が、今年は、人数を絞り、手洗いなど対策を徹底のもと開催していただいたことにまずもって感謝です。企画・準備は大変だったと思います。
 予約40組のうち37組のご家族が参加されました。鳥取市、安来市からの参加もあり感動しました。

 児童文化センター職員、まなびネットきずな、福米東おやじの会など、地域でそれぞれに家庭教育支援にご尽力いただく多くの皆さまのお支えがあって、今年の開催に至ったものと感謝しております。
 
 コロナが落ち着き、来年ももっと賑やかに開催されることを願っています。

カラスの連呼

未分類 / 2021年12月18日

image0.jpeg

やっと検診を受けます。
スタートは乳がん検診。
16日にマンモ撮影を受けました。
 40歳代で婦人科の手術を受けたこともあり、リスク高しと思っていますが、今年も異常なしの結果を祈り、待ちたいと思います。
 続いて、人間ドックの大腸検診キッドの受け取りに予約している医院に。
医院から出ると、私に向かって誰かが連呼してきました。
  あっほー?
  アホー!!
  あっほー‼︎
 
え⁈
私を呼んでる?

 あ-っほー❣️
 アホー❣️ あっほー‼︎

カラスの平均年齢は伸びているそうですが、声質や勢いから同年代のカラスと実感。
曇天の空に構えたスマホに映るカラスを見ながら、不思議な気持ちでした。

カラス‼︎
あなたも、がんばってよ〜‼︎

リエゾン – こどものこころ診療所 -

未分類 / 2021年12月3日

image0.png

米子市議会12月定例会の一般質問が終わりました。(12/3)
9月に続いて一般質問初日の1番目の登壇でしたので、少し早めに控室に到着。
毎回、質問前はとても緊張します。

質問本番では、いつにも増して滑舌悪かったです。
質問の会を重ねるごとに原稿が増えてきますが、30分の持ち時間に収まっていました。
しかし、今日は、準備していた原稿を端折りながらの質問になってしまいました。(^◇^;)
でも、伝えたかった内容は、言い切ることはできたので、良しとします。(^.^)

質問の中で、全国学校図書館協議会が(中高生向け)選定した『リエゾン – こどものこころ診療所 – 』というコミック本を紹介しました。(別掲)
自宅に帰って解放されました。肩・首の血流が戻りました。(o^^o)

今回は22人の議員が質問に立ちます。(一日6人です)
その後10(金)からは、予算決算委員会→常任委員会→陳情審査(特別委員会)と、続きます。

さあ!
切り替えて頑張ります。٩(^‿^)۶

◆◆『リエゾン – こどものこころ診療所 – 』◆◆
この本の中で、児童精神科医は、発達障害を凸凹(デコボコ)と呼び、あなたの凸凹にハマる生き方が必ずあると言います。
『人知れず学校や家庭でトラブルを抱え、孤独や苦痛に耐えながら生きる人たちがいる。大人も子どもも生きづらさを抱える現代ー。悩める親子に向き合う“児童精神科医“を描く、新たな医療漫画の新規軸』と、紹介されています。

来年度への要望書提出

未分類 / 2021年11月29日

image0.png

公明党議会団として、令和4年度市政に対する要望書を提出しました。
12月定例議会でそれぞれの議員が議論を深めて参ります。
12月3日(金) 10:00~ 矢田貝。
12月6日(月) 10:00~ 前原さん
12月6日(月) 5人目、今城さん です。

矢田貝は、
地域共生社会の実現に向けた取り組みについて
① 重層的支援体制の構築
② ヤングケアラーの支援
③ 訪問・見守り支援 と 軽度な日常生活援助
の、3点からの質問をします。