米子市議会議員 矢田貝かおり yatagai kaori

     人と人 心と心 を つなげたい

第49回衆院選 お礼

未分類 / 2021年11月1日

image0.jpeg
image1.jpeg

10月31日投開票が行われた衆院選で、公明党は改選前の29から32議席(小選挙区9.比例区23)に伸ばし、大勝利させていただきました。
ご支援いただいた皆さま、創価学会の皆さまに心から感謝申し上げます。

衆院選は政権選択選挙であり、20年以上連立を組む自公連立政権が、世界中が経験したことのない新型コロナウイルスと戦う中で審判を受けました。
与党は絶対的安定多数を確保させていただきました。
立憲民主党・共産党は、議席を減らしました。
国民は野党に批判勢力としてのみ期待しているのではないことの表れが、与党に対して是々非々で望む日本維新の会の躍進になったと思います。

公明党は、野党時代も与党にあっても、大衆の声を聞き、皆さまの命と暮らしを守る施策を進めてきました。
そして、与党であるからこそ、世界における日本の果たすべき役割や平和な世界構築へも党内で議論し、自民党の考えと異なる部分も、責任ある対応をしてきました。
日本維新の会のそれと同じ姿勢です。
これからも、与党内野党として自民党と向き合い、日本維新の会とも日本再生のために向き合っていくことと思います。

今日、あるテレビ番組で、「批判勢力であることが、国民が野党へ期待していること」と話す議員がいました。55年体制はすでに終わっているのにです。
衆院選は終わりましたが、堂々とこのような発言をする議員は誰か、どの政党か、ご注目くださる方が一人でも増えることを期待しています。

全国3000人の公明党議員の一人として、
矢田貝かおり、
より一層の研鑽を重ね、皆さまのお役に立てるよう頑張っていくことをあらためて決意しています。
引き続き、ご指導賜りますよう心よりお願い申し上げます。