米子市議会議員 矢田貝かおり yatagai kaori

     人と人 心と心 を つなげたい

フリースクールに通う児童生徒に支援決定‼︎

未分類 / 2021年3月28日

image0_3.jpeg

小・中学校の不登校状態にある児童生徒が、自らの進路を主体的にとらえて学校復帰や社会自立できるよう様々な支援・居場所があります。

市教育委(公的機関)としては、
◆【適応指導教室】
米子市には一つ。福生西小学校内には『米子フレンドリールーム(適応指導教室)』があります。自分の体調に合わせて登下校、自分の力に合わせて自学。指導員がいて、自分で問題解決していく力がつくよう応援してもらえます。
◆【通級指導教室】
通常学級に在籍しつつ、週1時間程度、別室で学習上または生活上の困難さの改善に向けた指導を受けることができます。発達障がいのある子どもへの『まなびの教室』・言語障害のある子どもたちへの『ことばの教室』が、全ての小中学校で対応できるよう今後も推進に取り組みます。

◇◇◇◇◇
学校以外の居場所・学びの場として、公的機関ではないのが、
◆【フリースクール】
鳥取県教育委員会の定めたガイドラインに基き、スクール運営費の補助金の交付対象となっているフリースクールは、県内に現在4校あります。
心理的、社会的、そして経済的理由などで、フリースクールの開設や利用者の広がりは緩やかですが、学校に通いづらい児童生徒にとって選択肢の一つとなるよう、取り組みの推進を求めてきました。
そも意味でも、先に閉会した3月定例議会において、米子市の令和3年度当初予算で、フリースクールに通う児童生徒の授業料等の補助事業が決まり、決して大きな予算ではありませんが、大変嬉しく思います。

この事業についてのお便りやホームページなど、これからの周知となります。詳細が発表されたらあらためて紹介したいと思います。(^.^)

◇◇◇◇◇

(写真は 、2019年10月東京シューレ大田、2019年11月米子フリースクール)

生活困窮者へ生理用品の配布を要望

未分類 / 2021年3月23日

image0_2.jpeg

米子市公明党として、コロナ禍における女性の負担軽減に関する緊急要望を行いました。(3/22)
伊木隆司米子市市長からは、経済的な事情から生理用品を購入することが困難な女性への支援について、最大限の配慮をしつつ、スピード感を持って取り組みたいと回答がありました。
 民生教育委員会(3/17)において、生活困窮者自立支援の観点で家族状況を受け止める中で、「生理の貧困」にかかることは声をあげにくい事から今後積極的に把握につとめていただきたいこと。教育委員会へは、学校でも対応を検討いただきたいこと。緊急対応として、災害時の備蓄品の提供もできるのではないかと申し上げていたところ、すでに庁内で動き始めているとのことでした。早い‼︎
 今後も、公明党議員が自治体間で連携しつつ、政治に届きにくい女性の小さな声をすくいあげ、温かく細やかな施策を推進して参ります。矢田貝香織

東日本大震災

未分類 / 2021年3月11日

image0.jpeg
image1.jpeg

東日本大震災から10年。
震災でお亡くなりになられた皆さまに心からお悔やみ申し上げます。

5年前、宮城県石巻市立大川小学校など、被災者の方に説明を受けながら、ようやく瓦礫の山が無くなった町を見させていただきました。
地震後、大川小学校の児童たちは、校庭から橋のたもとの小高い三角地帯に向かい、74名が死亡・行方不明者となりました。
北上川を駆け登ってきた津波は、誰も想像できる大きさではなかったにしても、体育館の裏山に逃げていれば、、、、。

大規模災害が起こったら、どうしますか?
まずは自分の命を守る避難行動をとってください。
率先避難者たれ‼︎ です。

今日は、大地震と津波について考える一日となると思います。
議会は、原子力発電・エネルギー問題等調査特別委員会が行われます。
m(._.)m

〈皆生温泉〉の挑戦は続く

未分類 / 2021年3月6日

https://www.facebook.com/156962341014474/posts/4052629891447680/?d=n

皆生ジャボリーの風の魅力発見でした。
次は【あかり】に、何を感じられるか。
行かねば❣️
楽しみです♪

矢田貝香織

3月議会の一般質問

未分類 / 2021年3月6日

image0_2.png

3/5(金)今日から3月定例会の一般質問が始まりました。
私は4人目に登壇。
【新型コロナウイルス感染症対策】と【切れ目ない重層的な総合相談支援体制】について質問しました。

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種についての質問は、国会での審議も同時平行で進んでいる中で、市の対応についてどのように質問するか、ギリギリまで考えました。
自治体職員の皆さまは、連日本当に頑張っていただいています。全てが未経験の大事業。
市民の皆さまの理解とご協力を得ながら進めていくしかありません。
そのためにも、ワクチン接種の目的やリスク、米子市の実施計画で可能なことから公表いただき、正しい情報の下で、不安軽減と接種判断できるよう要望しました。
(数日後には米子市議会ホームページから録画配信をご覧いただくことができます)

来週も質問戦は続きますが、明日から私は、その後にある議案、予算、陳情など審議の準備にかかります。

円滑なワクチン接種へ向け取り組んでいます

未分類 / 2021年3月1日

image-1.jpg
image0.png

昨日(2/28)、公明党新型コロナウイルスワクチン接種対策本部の全国会議がオンラインをつなぎ開催さました。
全国会議では、円滑なワクチン接種へ、全自治体に「意向調査」を行い、現場の課題、克服めざすことが決まりました。

国も全国自治体も、走りながら課題に対応しながら準備をすすめているワクチン接種。大変な状況の中ですが、無事に医療従事者への接種が始まりました。
各自治体では、日々更新される国の新たらしい情報を受けながら、4月から開始となる高齢者(から優先)の接種開始に向けた実施計画作成の最中です。

私は、明後日に開会する米子市議会3月定例会で、市当局と課題共有し、市民の皆さまの安心が少しでも高くなるように質問させていただきます。
3月5日(金)4人目の登壇です。午後になります。

公明新聞電子版 (2021.3/1付 )