今日は新たにスタートした中学校給食の視察のため、横浜市西区の老松中学校を視察させて頂きました。老松中学校では、生徒の代表が給食を取りに来るスタイルで実施されています。4月の横浜市全体での注文状況は生徒全体で20%を超えていますが、新1年生については35%以上の生徒が注文しています。(老松中学校の1年生は64%)引き続き、教育委員会が味付けや献立などにも工夫を重ね、さらなる充実がはかられます。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
公明党鶴見支部 尾崎太
ozaki-tsurumi@22.netyou.jp