横浜市では、市営住宅の令和3年4月募集が行われます。もともと鶴見区内には市営住宅が少ないことから、募集戸数も限られており、競争率も高くなっています。少子高齢化時代となり、市営住宅の運営・管理にも様々な課題が発生していることから、今後の持続可能な市営住宅の在り方を検討していく必要があります。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
公明党鶴見支部 尾崎太
ozaki-tsurumi@22.netyou.jp