横浜市は、2050年までの脱炭素化「Zero Carbon Yokohama」を、地球温暖化対策の目指す姿(ゴール)としています。その手法の一つとして、横浜市が発注する工事において「温室効果ガス排出ゼロ」を推進するため、再生可能エネルギー等の積極的な活用を推奨します。具体的な温暖化対策が実施できる様、参考事例などが施工会社に紹介されますが、実効性ある取り組みに期待したいと思います。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
公明党鶴見支部 尾崎太
ozaki-tsurumi@22.netyou.jp