Archive for 2020年 10月

大きな音がすると思って外を見ると、みなとみらいで花火が打ち上げられていました。今年は例年の花火大会も開催されなかったので、今日このエリアに居られた方々へは、ビックサプライズになったと思います。

鶴見区では、横浜商科大学との連携で、地元の魅力を発信し、地域活性化のために活動する個人・団体・企業等を結び、地域振興に繋げるための地域ポータルサイト「つるナビ」が開設されます。鶴見ならではのイベント情報、観光情報、地域活動団体のPRなど、様々な情報を通して、地域内での繋がりや交流の促進など、まちの活性化が期待されます。

横浜市では、食品廃棄物の発生抑制や再生利用及び啓発等の取り組みにおいて、素晴らしい成果を挙げて頂いている事業者等を表彰する「横浜市食の3Rきら星活動賞」を実施しています。今回、発生抑制部門ではイケア・ジャパンさん、再生利用部門では横浜ビールさん、啓発部門ではアマンダリーナさんの3事業者が受賞されます。温暖化対策のためにも、食品廃棄物の削減は必要な取り組みです。

今般、鶴見区と区内の郵便局において、双方が持つ資源をより幅広く活用して、様々な地域課題の解決を目指すための包括連携に関する協定が、横浜市内で初めて締結されました。毎日、区内を走っている郵便局の職員の方々に、時には目となり、耳となり、鶴見区の安心で安全な暮らしを支えて頂く、貴重な取組として期待されます。

横浜市では、市民の皆様が地産地消にふれる機会の拡大を横浜みどりアップ計画に掲げ、その取組の一環として「(ミニ)食と農の祭典 2020@横浜農場」が開催されます。新しい横浜市庁舎で、横浜の地産地消に触れて頂き、横浜の農業の魅力や日頃の食の大切さを感じて頂ければと思います。

横浜市では、温暖化対策へ様々なアプローチを試みていますが、その一環として横浜市営バスと熊本大学などとの連携により、EVバス(電気バス)による実証実験が行われます。今日は横浜市役所で車両披露を含めたセレモニーが開催されました。電気自動車に使用していたバッテリーやモーターを再利用し、市営バスに搭載する事で温暖化対策への具体的な貢献につなげるものです。将来的には、すべての市営バスへの搭載を実現して、温室効果ガス排出ゼロの交通局を目指して欲しいと思います。

新型コロナウイルス感染症の影響により、厳しい状況にある地域の活力を取り戻すため、令和2年11月1日から11月30日まで、秋のプチ旅キャンペーンが開催されます。鶴見ならではのおすすめスポットを、歩いて、食べて、地域も応援できる“プチ旅”をお楽しみ頂きたいと思います。

2008年より三菱重工業が手がけてきた、国産初のジェット旅客機の事業化凍結の記事が掲載されていました。2016年に愛知県の製造工場に視察で伺った際には、MRJの商業運航への期待が高まったことを思い出します。想定以上の資金とマンパワーが投入される事になり今回の対応となった様ですが、引き続き、日本の製造業の底力に期待したいと思います。

今日は第13回公明党神奈川県本部大会が開催され、上田勇県本部代表が再任されました。今後の政治日程としては、総選挙や参議院選挙、さらに横浜市においては市長選挙も予定されています。「党の命運を決する闘い」に向けて、新たなスタート切る大会となりました。

今日は鶴見図書館で行われている「横浜特別自治市パネル展」を拝見しました。スペースの関係で、少し寂しい展示スペースとなっていましたが、「将来の横浜市を支えて行く事になる中高生にとって、行政に興味を持つ機会になれば」との率直な感想が印象に残りました。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
公明党鶴見支部 尾崎太
ozaki-tsurumi@22.netyou.jp