横浜市では美化推進を目的として、8箇所の喫煙禁止地区が設けられており、その中に喫煙所が設置されています。今般の市庁舎の移転にともない、7月1日より「みなとみらい21地区」の指定区域が拡大され、指導員の巡回・指導が始まります。(2000円の過料あり)なお喫煙所の配置については、美化の視点だけではなく、受動喫煙防止の観点からも幅広く検討する必要があります。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
公明党鶴見支部 尾崎太
ozaki-tsurumi@22.netyou.jp