7月は常任委員会(温暖化対策・環境創造・資源循環局)からのスタートとなりました。議案審査や請願審査、各種報告事項などが議題でしたが、その中で緊急事態宣言下(令和2年4月〜5月)におけるゴミ量についての報告がありました。ステイホームの関係で家庭系ゴミが増加(約12000トン)していることが分かりました。エッセンシャルワーカーとして、大変な時期にもかかわらず、ゴミ収集に携わって下さった関係者の皆様に、改めて感謝申し上げます。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
公明党鶴見支部 尾崎太
ozaki-tsurumi@22.netyou.jp