今日は仙台市における交流ビジネス活性化戦略及び、インバウンド誘致の取り組みについてヒアリングしています。横浜市と同様に、来訪者の宿泊増加をターゲットとし、1000本の体験プログラムの創出で日本一の体験都市を目指しています。体験プログラムを一括で検索できる専門サイトや、海外での認知度アップに向けて、公共スポットでの広告なども検討されています。インバウンドによる経済効果は、どの自治体でも大きな課題である事を改めて認識しました。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
公明党鶴見支部 尾崎太
ozaki-tsurumi@22.netyou.jp