一昨日の予算代表質疑に続いて、今日は予算関連質疑が行われました。その中で、予算に反対しているにもかかわらず、政策を実現できたかの様な驚きの発言を耳にしました。様々な課題を解決(=実現)するためには、議会での議論を通じて、予算を確保し、事業化することが必要です。これでは「反対だけが実績」から「反対しても実績」となり、ますますモラルが問われると思いました。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
公明党鶴見支部 尾崎太
ozaki-tsurumi@22.netyou.jp