今日は鶴見区議員団会議と区づくり推進横浜市会議員会議が開催され、その中で鶴見川、多摩川における洪水情報の「緊急速報メール」に関する説明を受けました。両川とも、氾濫の恐れがある場合には、国交省から洪水情報が配信され、それを受け対象区には横浜市からも緊急速報メールが配信される事になります。災害への備えは、平常時から、浸水に対する意識啓発の仕組み(ハザードマップの見える化)を整える事が重要だと考えます。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
公明党鶴見支部 尾崎太
ozaki-tsurumi@22.netyou.jp