今日は首都高株式会社が主催する「横浜環状北線馬場出入口トンネル工事における家屋補償に関する説明会」が開催されました。終了後には、地域課題を政争の具として、地域を混乱させるような発言や行動に対する憤りの声が届きました。以前も出来ない事を地域の方々に約束し、期待をさせた鶴見区内の水管橋の事例を思い出しました。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
公明党鶴見支部 尾崎太
ozaki-tsurumi@22.netyou.jp