先般、横浜市が2020年東京オリンピックの際、英国チームの事前キャンプ地に選ばれたことが報道されました。合わせて国の「ホストタウン構想」の中でも、正式に英国のホストタウン登録が認められ、これから両国間で様々な文化プログラムが進められることになります。そのためにも、ますます英語が必要な時代になってきます。英語教育の充実が求められます。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
公明党鶴見支部 尾崎太
ozaki-tsurumi@22.netyou.jp