公明党 鶴ヶ島市議会議員 山中もとみつ(山中基充)の公式ホームページ

ごもっともなご意見をいただきました。

未分類 / 2020年5月5日

10万円の給付がいつになるのか。手続きがいつ始まるのか。お知らせがない。市川市をはじめ、もう手続きが始まっているところがあるのに遅い。
消毒液を配布している市町村がある。
マスク2枚はいつ来るのかの中間報告はできないのか。
とのご意見をいただきました。
ごもっともです。
「特別定額給付金10万円、鶴ヶ島市は、5/9~15から電子申請が始まり、郵送は5/16~22から始まり、給付は概ね申請から1ヶ月という事で、6月中の給付になりそうです。」
「DV被害の方などの申請が4/30まででしたが、県で最終的にまとめられるのが5/8らしく、それで、10日ほど遅れます。」
と説明
市の広報は1ヶ月に1回、5月1日でたばかり、後は、HP。デジタルデバイドの課題がある。市民にお知らせする手段が少ない…。
もう、手続きを始めている自治体は、DVの方への対応はどうしているのだろう。
消毒液を配った自治体は何でそんなことできるのか。
マスク2枚も異物混入騒ぎ以外はマスコミも取り上げない。
 議会だよりを配るのを自粛していましたが、3月議会の報告の第84号と新しく臨時号を手刷りして、配ろうかと思います。マスク着用、手袋をしつつ、ポスティングを基本に。
もちろん、SNSでの発信は致します。
 内容は、特別定額給付金の状況と各種給付や5/8の臨時議会の事にしたいと思います。
写真は、マイナンバーカードとマイナポータルのアプリでの給付金の申請画面、まだ準備中です(^^;