menu
バックナンバー 2016年 1月

30日 午後 臼杵市内2カ所で街頭演説を行いました。

福祉と教育の連携としての「保育所等訪問支援」などについて学ばせて頂きました。
「発達障がいのある子どもへの支援」との題名で大分大学准教授の講演もあり、「どのようにしたら学ぶのか」の視点が重要な事も教えられました。

臼杵市議会 教育民生委員会で、市内の小中学校での特別支援教育支援員の現場視察を行いました。
困りを抱えた児童生徒へカリキュラムを組んで、きめ細かな対応が行われていました。
しかし、学校現場は支援員がまだまだ不足しており、やむをえず優先順位をつけて対応している現状です。

17日午前 臼杵市諏訪山の総合公園で行われた出初式に出席いたしました。
新たに入団したと思われる青年団員が裏方で頑張っていました。
今年1年、災害のない年になる事を祈ります。

大分県主催の障がい者の活動を通して社会のあり方を考えるアート展覧会が
県立美術館で開催されました。
会場には、「GoodJob!Award」などの取り組みも紹介されていました。
「社会的排除から社会的包摂へ・・・どんなに重い障がいを持っていてもはたらく事で社会の中で役割を実感し、生きがいを感じる事ができるのではないでしょうか。」との運営団体理事の方の言葉など、学ぶことが多くありました。
2016年3月4~6日 GoodJob!展が県立美術館で開催されるとの事です。

今回は12月議会での質問内容のみになりました。

8日午前中、臼杵市・津久見市・佐伯市で新年の街頭演説を行いました。
佐伯市議の浅利美智子市議・後藤勇人市議の3名合同で街頭に立たせて
いただきました。

3日11時から臼杵市内の中津浦の海岸で臼杵山内流の寒中水泳大会が

行われました。

190年以上続く古式泳法で、立ち泳ぎしながら大きくて重い旗を振る技は

見事です。日本でもわずかしか残っていないと言われています。

貴重な文化を守り続けるためにも、多くの人に知ってもらう事も必要です。

CIMG1193

 

CIMG1195

海面に着けずに大きな旗を回転させています。

新年明けましておめでとうございます。

元旦の朝、初日の出を見るために市内海辺地域の三角台へ登りました。

海辺地域の「三角台を守る会」の方の企画によるもので、

今回が6回目の初日の出登山です。

天気も良く、素晴らしい初日の出を見ることができました。

本年もよろしくお願い申し上げます。

三角台から見る2016年の初日の出

三角台から見る2016年の初日の出

CIMG1192

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
臼杵市 戸匹映二
pyxis1104@yahoo.co.jp