menu

5月15日(金)街頭演説を行いました。

今月26日に施行される「空き家対策推進特別措置法」。増え続ける空き家に

対しての対策が一歩前進いたします。

現在臼杵市でも空き家対策は、空き家バンクなどで取り組んでいますが

まだこれからというところです。

「空き家対策推進特別措置法」の概略     building_boroya

①空き家の所有者を把握しやすくするため、

 市町村が固定資産税情報を活用できる。

 

②倒壊や衛生的に有害とみられる空き家を

 「特定空き家」に指定し、立ち入り検査

 所有者への撤去の指導・勧告・命令ができる。

 場合によっては「行政代執行」として

 強制撤去もできる。

    費用は国・県からの助成も検討される。

 

③税制面では、勧告を受けた「特定空き家」は固定資産税の特例対象から外す。

 (現在住宅の立っている土地の固定資産税は6分の1の特例がある。)

 

放置された空き家の所有者の管理意識を高め、空き家や空き地の有効利用を

促す事が大事になりますが、

経済的に撤去したくてもできない場合や、売りたくても売れない等の課題も残ります。

今後の空き家対策の動向を注視していきたいと考えます。

CIMG0858

 

 

 

コメントは受付けていません。

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
臼杵市 戸匹映二
pyxis1104@yahoo.co.jp