menu
バックナンバー 2015年 3月

労働基準法が改正され、労働時間規制を緩和されると

「定額働かせ放題」になるのではないか?との批判がありますが、

不安をあおる全くの誇大表現です。

改正の目的・狙い

①ワークライフバランスの観点から、働き過ぎを是正する事。

②多様なニーズに応じた柔軟な働き方の選択肢を増やす事

具体策

①働き過ぎを抑える

  ◎有給休暇・・・年次有給10日以上の労働者には年5日の取得を義務付け。

         企業が労働者の希望を踏まえて休暇を指定する。

   ◎割増賃金率・・・中小企業の月60時間超の時間外労働に対する

                                    割引賃金率19年4月から50%に引き上げ。

                                     (時間外の多いトラック運転業務は適正発注促進などの荷主対策を進める)

②柔軟な働き方を推進

   ◎フレックスタイム制の見直し・・・労働時間を調整できる期間を3カ月まで

                                            伸ばし、仕事と育児や介護の両立を進める。

 ◎高度プロフェッショナル制度・・・高度な専門職対象に労働時間規制を緩和。

                 (世界レベルの研究者や金融市場のディーラーなど)

対象条件・・・①平均給与額の3倍を相当程度上回る水準(年収1,000万円以上)

                  ②高度の専門的知識を必要。労働時間と成果の関連性が高くない事。

                  ③本人の同意が必要。

                  ④ 終業から次の始業まで一定時間を空けるなど健康確保措置を講じる。

                  ⑤医師の面接指導の義務付け

  ◎裁量労働制の対象業務が拡大・・・新商品の企画立案や開発などを行う

                               営業職が追加される。

対象条件・・・①ノルマを課されるような営業職は対象外。

                ②労働者自らの裁量で仕事ができない業務は対象外。

            ③休日や深夜労働には割増賃金が支払われる。

                   ④労働者に対する健康確保措置の強化。

kenkyu_manhammock

 

 

 

3月29日 午前9時より三角台を守る会の主催で三角台へ登りました。

今年で5年目になるとの事で、ボランティアで少しづつ登山コースの開拓を

されてきたという事です。

朝の雨で開催が心配されましたが、雨も上がり無事スタートできました。

参加者は50代・60代の方が中心で、今回は全行程2時間半のコース。

上り下りの連続でしたが、皆さんの健脚には驚きました。

春を感じさせる新芽の緑と咲き始めた桜の花が迎えてくれました。

山にこのようなコースをつくることやそれを維持することは大変な苦労を

伴うことと思います。コース内の整備も必要なところも多いですが、健康維持と

交流の場として地域発の取り組みとしては素晴らしいです。今後も参加者増え

ていくことを期待します。

CIMG0695CIMG0692

 

CIMG0693CIMG0690

 

CIMG0708CIMG0712

3月28日 朝の街頭演説を行いました。

政府が3日に提出した「医療保険制度改革関連法案」の背景やポイントを

演説させて頂きました。

医療制度改革の背景

日本の優れた医療保険制度を持続可能なものとしていくため、また地域包

括ケアシステムの構築などを目標に掲げて昨年6月に成立した「医療・介護

総合確保推進法」に基づく医療体制の改革を進めるための関連法案。

 

◎ 国民健康保険の運営主体を市町村から都道府県に移管。

医療を必要とする高齢者の増大に伴い赤字が続き、市町村ごとの運営では

財政面で不安定になる危険性がある。そこで公費拡充を行い財政基盤の強

化を行ったうえで財政運営を都道府県に移管し国保制度を安定させる。

◎ 入院時の食事代を段階的に引き上げる。(低所得者・難病患者は据え置き)

入院時の食事代負担額1食260円を16年度に360円、18年度に

460円に引き上げる。在宅療養は調理代等が別にかかり、公平性を図る

観点からの引き上げ。

◎ 「患者申出療養」の創設。

国内未承認薬などを迅速に保険外併用療養として使用できる仕組みを16

年度から実施。

薬の安全性や有用性の審査を迅速にし、患者に提供できるようにする。

◎ 健保組合が「ヘルスケアポイント」を付与する等、健康づくりの促進。

CIMG0679 CIMG0683

 

 

3月24日 平成26年度 第140回となる臼杵小学校の卒業式が行われ

初めて参加させていただきました。

卒業生一人一人の表情には様々な思いが表れていました。

臼杵小学校の校歌の歌詞の最後の一節

「明日を照らす 光の子」

「明日を興す 大地の子」

「明日を拓く 力の子」

あと10年後にはこの卒業生が大学等を卒業し社会に出る時になります。

高齢化のピークもちょうど10年後の2025年から始まります。

彼らが社会に出て、超高齢化社会の中でも思いっきり活躍できる基盤づくりを

この10年以内にしっかりと取り組んで行かなければならない。

そう決意を新たにした卒業式でした。

sotsugyo_syousyo

 

3月20日 朝の街頭演説では、臼杵市のまち・ひと・しごと創生のための

地方版総合戦略にあたり、人口動向・将来人口推計の分析結果の内容を紹介

させていただき、臼杵市の少子化と人口減少への課題と、歯止め策となる

臼杵市版総合戦略の策定のために、市民の皆様のご意見と知恵をお借りしながら

行政・議会も一体となって取り組んでいくことを演説させていただきました。

CIMG0673

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0671

3月14日 午後2時より臼杵史談会の2014年度総会と講演会が開催されました。

総会では25・26年度の事業報告と27年度の事業計画などが発表されました。

講演は立命館大学教授(京都)河原典史先生の講師で「カナダへ雄飛した

臼杵のひと」との演題で、臼杵からカナダへ移住した先人たちの歴史的事実を

教えて頂きました。

CIMG0664

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0666

3月12日 午後5時半よりコスモス病院会議室で、プロジェクトZ(Zは在宅との意)の

報告会が開かれ、中野市長を始め医師会、行政関係部課、関係事業者を中心に、先進的

取り組みで注目されている「うすき石仏ネット」の内容の説明を聞かせて頂きました。

当日は熊本県八代市からも視察に来られており、一緒に報告会にも参加していただいて

非常に感心されていました。

「医師会と行政の顔の見える協力体制を築いてきたことが、ここまで取り組むことが

できた最大のポイント」との報告がありました。

「うすき石仏ネット」は臼杵ケーブルインターネットでの強固なセキュリティのもと

臼杵市内のの医療情報等を結ぶ情報ネットワーク。

「石仏カード」を提示することで様々な医療機関にあるデータを共有することができ、

緊急時や災害時等に即座に対応できることをめざす画期的なシステムです。

臼杵市民であれば誰でも登録できますので、是非利用をお勧めいたします。

img189

 

 

3月10日 3月臼杵市議会定例会で一般質問を致しました。

1つ目の質問  スポーツ環境の整備について

諏訪山体育館の夜間の使用状況が常に混雑しており、練習の時間が取れないなどの

声がございました。

 混雑緩和に関しては、小中学校の体育館を午後10時まで使えるようにしていると

の事でしたが、広報がされてなく、周知していただくよう要請いたしました。

また公共施設予約システムで定期的に使うチームに関しては、機械的な振り分けだけ

にせず、話し合って日程調整できるように要望させていただきました

フットサルの施設整備等は今後の検討課題という事で今のところ計画には上がって

おりません。今後の参加人口等の推移を考慮しながら検討するとの事です。

2つ目の質問  認知症対策について

国の12の関係府省庁が共同で策定した認知症対策の国家戦略「新オレンジプラン」

のなかで、臼杵市で取り組む施策について質問いたしました。

新オレンジプランで示された、訪問型で早期発見の支援策「初期集中支援チーム」

への取り組みが今後始まることになります。

 地域での見守り体制も重要になりますので、さらなる認知症への市民の理解が

求められます。

また、先進的自治体で導入されている「認知症簡易チェックシート」の導入の

提案もさせていただきました。

kokkai_touben_shingi

3月11日 朝の街頭演説をお行いました。

4月に行われる統一地方選挙に対しての公明党の4本の柱からなる重点戦略を

紹介させていただきました。

○第1の柱は、「生活者支援の充実」。

①「地域住民生活等緊急支援のための交付金」を活用し、「プレミアム付き

商品券」の発行の推進。

○第2の柱として、「人が生きる、地方創生」を推進。

女性と若者が活躍出来る環境の整備として、

①子育てなどで離職した女性の再就職を応援し、求職相談窓口である

「マザーズハローワーク」を拡充、女性の起業支援を推進。

若者の安定した雇用を促すため、

②ブラック企業はハローワークで求人を受理しない仕組み作り。

③「地域若者サポートステーション」などによるフリーター・ニートの自立支援など、

 総合的な若者雇用対策を推進するための法律を整備。

○第3の柱として、「支え合い、一人を大切にする社会へ」

①地域包括ケアシステムの構築

②認知症が疑われる早期の段階から診断やサービスの相談が自宅で受けられる、

「認知症初期集中支援チーム」を全市町村に設置

③妊娠・出産から産後ケアまで切れ目のないサポートを推進

○第4の柱として、「安心・安全な地域を」

などの紹介をさせていただきました。

Print

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
臼杵市 戸匹映二
pyxis1104@yahoo.co.jp