menu
7月21日 臼杵市市民後見人センター設立記念の「権利擁護支援フォーラムin
 
うすき」中央公民館大ホールで開催されました。
 
超高齢化社会を目前にして、認知症等の増加が懸念されるなか、核家族化で高齢者の

後見を親族ができない状況が増えてきています。一人暮らしや認知症の高齢者の権利

や財産の擁護をどうしていくのかが、課題となっています。

 

高齢者や障害者の意思表示能力や生活状況に応じて、成年後見制度や福祉サービス

利用援助事業等を活用し、財産管理や身上監護を中心とする権利擁護サービスを提供

する臼杵市市民後見人センターを臼杵市社会福祉協議会に4月1日に設立しています。

 今後、市民後見人養成講座等で成年後見人の育成をして、地域で見守りができる体制

くりを目指していくようになります

市民一人ひとりが関心を持って、互いに地域で支えあうコミュニティの力の一つとして期待

たいと思います。

【基調講演】講師 全国権利擁護支援ネットワーク 副代表 竹内俊一氏

【シンポジウム】 臼杵市市民後見人センター所長 田中利武氏ほか代表の方々

コメントは受付けていません。

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
臼杵市 戸匹映二
pyxis1104@yahoo.co.jp