バックナンバー 2014年 8月

天童牛の美味しいバーベキューを食べながら初秋の天童高原を満喫。ポニーの放牧、トラクター馬車、子供達はトンボやバッタ取りに夢中。バンドの演奏、宝探しなど楽しいイベントになっています。今年は爽やかな晴れ模様、多くの参加者で賑わっていました。

天童市上下水道展がパルテで開催させています。オープニングイベントの後、寄せられた作品の表彰がありました。会場では金魚すくいやヨーヨーすくいなど楽しいイベントもあり、参加者は大喜びしていました。

天童駅と高擶駅間に新しい駅である天童南駅の起工式に出席、低酸素社会の構築と山形県総合運動公園の利用者の利便性の向上と大型店の利用者、周辺住民の利用が期待されます。来年3月に完成、工事が夜間になることから周辺住民の方には大変ご迷惑をかけます。

天童市認証保育施設もみじの会との意見交換会に参加。認証保育園制度は天童市独自で取り組んでいる事業で一定の基準をクリアした認可外保育園に対して補助金を出して保育の質の向上を図る目的で補助金を出すものです。認可保育園制度には届かないが県内の自治体では画期的な制度です。少子化が進む中で生き残りをかけた厳しい現状や若い優秀な人材の確保が進まない現状の報告があり、市で取り組んで行ける部分、国の制度の改革が必要な部分等多くの課題が浮かび上がってきました。

 先週金曜日午後4時過ぎに天童市内北部を中心に降った雹の被害が拡大中。知り合いの農家を訪問して調査した結果 川原子・高木地区での被害が大きいようです。
 地元を基盤にしている国会議員と県会議員が農協関係者と一緒に現場の視察をしているところに出会いました。
 モモは今が最盛期、夏リンゴの「津軽」が間もなく収穫の時、天気には勝てませんと残念がっていました。
 秋のリンゴやラフランスにも今後どのような影響が出るかわかりませんが
今後詳しい調査が進むにつれて被害金額が出てくると思います。
雹の被害にあった果物と理解して皆さんで農家の方の応援をしたいものです。少し傷があるだけで味に変わりありません。

「救護施設紅花ホーム 夏祭り」

救護施設紅花ホームの夏祭りのボランティア活動として参加してきました。同施設には2回目のボランティア。色々な事情を持って施設に入所された方々。地元の高校生や短期大学生、一般のボランティアが一人一人を担当しました。施設の外に設置されている夏祭りの会場、盆踊り、幸せ音頭、花笠音頭などを一緒に踊り楽しいひと時を過ごしました。

何よりもうれしかったことは入所されている方々が大変に喜んでいる姿がありありと感じられたこと。また、施設の職員方々の対応の素晴らしさを感じました。一緒に参加したボランティアの方が長年色々なところでやっているが施設側の素晴らしい対応に大変感動していました。今後もぜひ参加したいので声をかけてくださいと。

山形県リハビリセンターと新築された特別養護老人ホーム明幸園を視察してきました。

テスト

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
天童市 後藤和信
kznb924@ma.catvy.ne.jp