公明党
広島市議会議員(西区)
田中まさる

南観音小学校・東側道路:道路冠水緩和改善対策が完了!

未分類 / 2023年11月29日

20231129_095705.jpg

2021年7月の大雨で、広島市立南観音小学校の塀に面した道路が冠水し、市へ改善要望をしてきた件について、このたび流下能力のある管へ交換するなど、冠水緩和改善対策工事が完了しました!

下記は、議会での質疑のやり取りです。地域の安全のためのお声と対応に感謝です。引き続き、防災減災対策をしっかり取り組ん参ります!

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■広島市議会・令和4年度予算特別委員会「消防上下水道関係」の質疑より(2022年3月1日)

◆田中 委員
続きまして,三篠・福島・観音地区おける浸水対策についてお伺いいたします。
本市の令和4年度当初予算案では,中心市街地における浸水対策のための雨水河川整備等など,下水道による浸水対策として38億6060万円が計上されております。
そこで,お伺いいたします。広島市西区の三篠・福島・観音地区における浸水対策の整備事業が進められているところだと思いますが,事業の概要と進捗状況を教えてください。また,この浸水対策事業は,いつまでに完了できる見込みなのかも教えてください。

◎(下水道局)計画調整課長
三篠・福島・観音地区においては,10年に1回程度降る強い雨,1時間53ミリの降雨に対応するよう,中広通りや空港通りなどの地下に雨水幹線を整備することとしております。これまで三篠地区の一部で幹線整備を完了しており,平成26年度からは暫定的に雨水貯留管として利用しています。また,令和3年2月には,整備区間のうち,福島地区及び観音地区の北側を対象とした延長約3.5キロメートルの雨水幹線の整備に着手し,現在,シールドを発進させるための立坑築造を進めており,令和9年度末に雨水貯留管として暫定利用する予定です。今後,残る観音地区南側を対象とする雨水幹線については,現時点では着手時期は未定ですが,下水道事業の前提となる本市の財政収支状況も踏まえ,投資可能額を定めていく中で,適切な時期にお示しすることができるものと考えています。いずれにいたしましても,令和22年度末までに本地域を含む中心市街地約2,000ヘクタールにおいて,雨水幹線等の整備を積極的に推進していきたいと考えています。

◆田中 委員
積極的にぜひ着実に進めていただきたいと思うんですが,大型事業のために,この浸水対策事業が完了するまでには長期間を有するとのことですが,地域住民の避難所となる学校の周辺や緊急避難路など,防災上,特に重要な地域については優先的に施設整備を進めていくべきではないかと考えますが,いかがでしょうか。

◎(下水道局)計画調整課長
浸水対策施設である雨水幹線やポンプ施設の整備には,多額の事業費と長い期間を要します。このため,未整備地区においては,豪雨でなくても頻繁に浸水被害が発生している地区については,浸水原因を調査の上,比較的短い期間で一定の効果が見込める場合には,順次,暫定的な対策を実施していくこととしております。

◆田中 委員
昨年(2021年)7月8日の朝,通勤通学の時間帯に広島市内に大雨が降りました。西区の南観音小学校の写真ですが,隣接する東側の道路は池のようになり,児童や住民の方が通行できなくなりました。西区内では臨時休校となった学校もありましたが,南観音小学校は通常登校となり,このとき,浸水した道路を児童が通らないように教員が誘導するなど,安全対策を講じられたとお聞きしております。また,この道路の冠水は,昨年だけでなく,大雨が降るたびに何度も冠水し,住宅部分まで水が押し寄せてきています。よって,この道路部分においては,市の担当課においても,道路雨水ますの清掃等を随時行ってきたと伺っていますが,地域住民の方においても,雨水ますが枯れ葉やごみなどで詰まらないように定期的な清掃を行うなど,取り組んでこられました。地域の安全のため,また,指定緊急避難所でもある南観音小学校の塀に面した道路ということもあり,担当課へ冠水の改善要望を相談してきたところです。
そこで,お伺いいたします。浸水の原因を考えると,南観音小学校の周辺では,南観音小学校に面した東側の道路だけがひどく冠水しており,下水道管の許容量を超えているとのこと。また,小学校側の敷地が高くて,校庭等の学校からの雨水もその原因となっているのではないかと考えますが,その点,いかがでしょうか。

◎(下水道局)管路課長
委員から御指摘のあった局所的な道路冠水は,降雨状況のみならず,発生地区周辺の土地利用状況等も原因の一つとなる可能性があると考えています。

◆田中 委員
先ほど質問させていただきましたように,抜本的な施設整備が完了するまでには,防災上重要な施設の周辺においては,何らかの暫定的な対策を行うことで,この頻発する道路の冠水の緩和を図ることができると思います。具体的に南観音小学校の東側道路は暫定的な改良工事をすべきだと考えますが,本市の御見解をお聞かせください。

◎(下水道局)管路課長
当該場所は,令和4年度,老朽化に伴う下水道管渠の改築対象となっており,予算案の議決をいただいた後に,浸水原因の調査を実施し,これを基に雨水の流下能力の向上による道路冠水の緩和につながる改善方策を検討し,実施していきたいと考えています。