こんにちは。佐井 昭子です。

10月、11月は「秋祭り」。今日は、龍神「丹生神社」の祭りにご案内を頂き、行ってきました。昨晩の宵宮からだそうですが、境内は人と熱気にあふれていました。

 この祭りは、飾られた地域ごとの屋台が練り歩き、激しくぶつかり合うのが特徴だそうです。 「すみません、すみません」と人を掻き分け、前の方まで行って押し倒されないよう気をつけながら、押し合いを眺めてきました。

 若い人が多いのに驚きました。屋台を引いたり、笛を吹いたりしている方が、ほとんど若者でした。20代くらいの方も多かったように思いますし、女性も大勢いました。獅子舞を廻していたのも若者でした。地域の名前の入ったハッピを着た若衆ら、女性も、ほんとにカッコイイ!!と思いました。

   「祭り」はハレですね。皆さんの顔が華やいでいました。エネルギーにあふれていました。私も、笛や太鼓の祭囃子に足取りも軽く、一緒に屋形を引き回してみたい気分でした。

 このお祭りのために、故郷を離れている人たちも帰ってくるとお聞きしました。祭りのような老若男女が集える「ハレ」の場は本当に大事だと思いました。

コメントは受付けていません。

Twitter
サイト管理者
田辺市 佐井昭子
saichan830@yahoo.co.jp