こんにちは。佐井 昭子です。

 昨日は、「文化の日」。午後から「近露まるかじり体験」初体験のため、近露へ。

 初めに「熊野古道なかへち美術館」へ。「渡瀬凌運雲展」が開催中。館内で思わぬ人と出会って会話に花が咲いたり、華やいだ雰囲気でした。しかし、例年に比べると「今日は人が少ない」そうでした。

 美術館で出会った友人たちと和歌山県指定無形文化財である「野中の獅子舞」を見に車で野中へ。一緒にいたアメリカ人の友人は、「海外の友人に見せたい」と熱心に動画を撮っていました。光の具合を心配していたけれどきれいに撮れて、囃子の音が臨場感を増していました。

 その後、近くの同級生が営んでいる「宿や」へ。イベントがあり忙しかったようだ。ランチの時間も終わり、お客も帰り、やれやれと言う頃に私たちがお邪魔。自前のお茶を振舞っていただき、しばし歓談。

 寄り道をしたせいで、肝心の地元産品を見たり、体験をする時間がなく、陽が落ちてしましました。今年は人の入りはどうだったのだろうか。宿の主人の同級生は「出した品物は全部売れた!」と言ってました。他もそうだと嬉しいのですが。

コメントは受付けていません。

Twitter
サイト管理者
田辺市 佐井昭子
saichan830@yahoo.co.jp