以前からご相談をいただいている「成人T細胞白血病」で治療中の女性とお会いし、お話を伺い資料を頂きました。

 浅野元知事がこの病気で闘病中、骨髄移植を受けたことが公表され、「ATL」が大勢の方々の知る所となりました。

  この病気はHTLV-1と言うウイルスが原因で発症し、生存期間中央値13ヶ月と言う恐ろしい白血病の一種です。しかし、この女性は発症して8年、この病と戦っておられます。 現在の唯一の治療法は骨髄移植だそうですが、それも危険を伴い、100パーセント完治ではないそうです。

 治療法の確立、治療薬の発見、骨髄移植のドナーの問題や治療費の軽減。公明党も患者団体の皆様と毎年、総合対策を政府に要望してまいりました。今月やっと特命チームを作り、進める事が発表されました。

 チームが一日も早く対策を実現できるよう、公明党国会議員と連携しながら頑張ってまいりたいと思います。

コメントは受付けていません。

Twitter
サイト管理者
田辺市 佐井昭子
saichan830@yahoo.co.jp