menu
カテゴリー(未分類)
image0_14.jpeg

今朝のこと・・
爽やかな空のもと登校見守りボランティアへ。最後の児童が信号を渡り終えたあと、通学路の安全確認も兼ねて私も一緒に登校。

小学校の校門入り口では学年ごとに検温入り口を設定し、教頭先生を先頭に先生方が登校するひとりひとりの児童に対応されていました。朝から教職員の皆さんの感染症対策に頭の下がる思いでした。

小学校での用事を済ませ、家路へ向かっている途中、家の鍵を置いてきてしまったことに気付きました。家族は皆仕事で誰もいません。嫁ちゃんに連絡し職場まで鍵をもらいに行く事に。遠回りついでに市民相談でいただいた地域要望の現地確認へ。

忘れ物をしたおかげで、朝から自転車と徒歩での走行時間は1時間超えに。予定外の運動が出来たので良しとしましょう。

image1_11.jpeg

今朝の孫のデザートは昨夜のハロウィンイベントでゲットしたカボチャとオバケのお菓子が登場。

昨夜は開放的な大自然の中「孫の手ブルーベリー園」でお菓子を探しながらのナイトウォークに参加したとの事。
キッチンカーも出店し、ハロウィンをコンセプトに飾り付けられた園内で、いつもの週末とは違うハロウィンナイトが楽しめたようです。

感染症予防を講じたうえでの開催に感謝いたします。関係者の皆さまありがとうございました。

image0_13.jpeg
image1_10.jpeg

【5万円→10万円に増額決定】
9月11日から受付を開始しました「木更津市中小企業感染症対策支援金」について、長期化するコロナ感染症や他の感染症の流行シーズンに突入することを受け、さらなる感染症対策の強化を促進していただくために、1事業者あたり5万円の支援金を10万円に増額することが決定しました。財源は国からのコロナ感染症対応の地方創生臨時交付金です。

すでに申請済みの事業者さんへは、増額分の申請案内が通知されます。数件の個人事業主さんへご連絡したところ、除菌用アルコールスプレー購入など出費も嵩んでいるのでとても助かります、とのお声をいただいています。

※ 10月臨時会の補正予算で可決されました。

image0_12.jpeg

内房総支部から龍崎総支部長、野上副総支部長が代表で参加され、山口那津男代表のもと新出発があった旨の報告が、午後からの内房総支部会議で伝えられました。

◎千葉県本部新役員体制
【新任】県代表 平木大作参議院議員
・副代表 角田秀穂(衆議院比例南関東ブロック公認)
【新任】副代表 竹内真二参議院議員
【新任】
幹事長 横山秀明県議会議員

12年間県代表を務められた富田茂之衆議院議員は総合選対本部長としてお支えくださるそうです。

※画像は先日袖ヶ浦市議選を大勝利で終えた緒方議員、木村議員、そして3期12年の任期を終え勇退される前田元議員と内房総支部メンバーで記念撮影を。

image0_11.jpeg

本日開催された臨時会では、コロナ感染症対策関連の一般会計補正予算について審議しました。

各常任委員会に議案が分割付託され、私が所属している総務では、路線バス応援事業費・高速バス・タクシー車両に対する感染対策費、避難所等への感染症対策費(間仕切りパーテーション他)、消防関係への感染症対策費(大型エアテント他)、小中学校給食施設の感染症対策費(給水蛇口をレバー式へ改修)などを審議しました。

上程議案は全会一致で可決されました。市独自支援策など詳細は追ってご報告いたします。

image0_10.jpeg

「危険なバス停」の調査活動のため、市内に本社のある日東交通(株)を訪問しました。富津市の関議員も参加されました(渡辺議員は君津中央病院の会議へ)

2018年神奈川県内で起きた小学生の死亡事故をきっかけに、全国約40万カ所ある全てのバス停を対象に危険性の実態調査が行われています。

日東交通さんでは、バス停の設置基準を満たしていても危険な場所が存在することや、設置基準外でも交通量が少なく危険度がない場所など、現場でしかわからない貴重なお話しを伺うことができました。その他、交通渋滞対応しながらの業務運行や運転手さんの労働時間の話題に話しが及びました。

ご対応くださった日東交通さんに感謝申し上げます。

image0_9.jpeg
image1_9.jpeg

毎朝、金田バスターミナルの脇を通過して登校見守りの定位置まで自転車で往復30分。チョットした運動になります。
バスターミナル周辺の道路では、車が駐停車し乗降している光景を目にします。道路の両側に止めたり、急にドアを開けた脇を車が通り過ぎたりなど、ヒヤリハットの場面があります。

バスターミナル内には、一般車送迎用乗降場がありますので、こちらを必ずご利用ください。

また、バスレーンを横断している姿も後を立ちません。大変危険ですので、必ず歩道を歩き目当ての乗降場所へ移動してください。

金田バスターミナルの愛称は『チバスタアクア金田』ですが、なかなか愛称が口から出ませんね。2016年6月に竣工し経過とともに白かった待合所の外壁も青コケが付いてきました。

image0_8.jpeg
image1_8.jpeg

「通学路にもなっている金田高須地区内の道路は雨が降るとかなりの水たまり歩けなくなります。雨が止んでも、水が無くなるまで数日かかるので、市の方で何とか直してもらえれば子供達が助かります。」との相談を頂戴しました。

状況確認へ行ってみると、現地は2年前に完成した金田西雨水ポンプ場のすぐそばです。立派な調整池も作られています。このポンプ場は金田西地区の浸水被害を軽減し、安心・安全な住環境を整え、現在遅れている区画整理事業も進められることが期待されて設置されたものです。数年間に渡る工事期間中は、地元高須地区の住民のご協力のもと完成を迎えることができました。そのポンプ場の足下の道路の雨水くらい処理できるようにしてもらいたいです。現在担当課に相談しています。

※ 1枚目の写真はポンプ場そばの道路、2枚目は学校手前の瓜倉セブンイレブンそば交差点の歩道に雨水がたまっている様子です。ともに通学路です。

image1_7.jpeg

心配された台風も過ぎ、昨日は袖ヶ浦市議選も終了し、ホッとした月曜日を迎えています。今朝は登校見守りボランティア活動からスタートし、今帰宅しました。

昨日の袖ヶ浦市議選公明党2名の結果をご報告します。
おがた妙子 1,935票(1位)
木村よし子 1,484票(5位)
皆さまのご支援に心より感謝申し上げます。

きょうは土日に相談がありました地域課題に対応いたします。

image0_7.jpeg
image1_6.jpeg

袖ヶ浦市議選も明日11日に投票日を迎えます!
「木村よし子」候補
「おがた妙子」候補
悪天候に負けず最終日の出発です!

袖ヶ浦市民のために必要な議員は誰なのか。お一人お一人のご要望に耳を傾け、行動を起こし、課題の解決実現のために汗をかく議員は誰なのか、ご判断ください。

私の自宅から袖ヶ浦市役所は木更津市役所よりも近い位置にあります。近隣市関連のご相談をいただくことも珍しくありませんが、その都度素早く対応できるのも、議員のネットワークを持っている公明党の強みでもあります。私の信頼する2人の候補者の勝利を願い、きょう一日悔いない活動を進めてまいります。

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
竹内 伸江